とどく券のルール

事業継続のための運転資金

「とどく券」(前払いチケット)は、応援したいお店から事前購入して、コロナが収まり晴れて外出ができるようになった時、そのお店に駆けつけるという仕組みです。
つまり「今は行けないけど、近いうちに行くね」という気持ちを届けます。

  • とどく券で応援
  • お一人一回1枚まで
  • ご利用できるのは購入者本人と同伴者のみです
  • 親しい友達でも譲ることはできません
  • 使えるのは購入したお店のみ
  • おつりは出ません
  • 裏面にお店の記名がないものは無効です。とどく券の販売で得られたお金は、そのお店の運営資金になるのでウイルスと戦う(未来へと向かう)勇気につながります。
  • とどく券の販売で得られたお金は、そのお店の運営資金になるのでウイルスと戦う(未来へと向かう)勇気につながります。

    おつりは出ません
とどく券について - お客さまへ -

新型コロナウイルスの流行で厳しい状況の中、とどく券購入でご支援いただきありがとうございます。
とどく券は次のようなルールとなります。必ずお読みください。

  1. 1.とどく券について

    とどく券は1枚2,000円(プレミアムなし)です。1人1回1枚のみ使用できます。発行者が運営する店舗のみご利用できます。現金との引き換え並びに譲渡はできません。釣銭は出ません。

  2. 2.とどく券の発行者は各店

    とどく券の発行者は各店です。とどく券裏面の「署名欄:発行者」に記載がない場合、とどく券は無効です。購入者の方へのサービス提供、問合せなどは各店の責任で行います。ご相談・お問い合わせは発行者までお願いします。

  3. 3.購入者の方ご自身の責任で

    とどく券には有効期限があります(2020年12月31日)ので、有効期限内にご使用ください。また、発行者が営業を休止した場合には当券は利用できません。またその場合、補償がされない場合があります。このようなリスクをご理解の上、ご購入ください。

とどく券について - お店の方へ -

以下の内容を十分ご理解の上、発行ください。

  1. 1.とどく券の特徴

    とどく券は1枚2,000円(プレミアムなし)です。1人1回1枚のみ使用できます。現金との引き換え並びに譲渡はできません。釣銭は出ません。

  2. 2.発行者の責任について

    とどく券の発行者は各店舗(複数店舗運営の場合は事業主)です。とどく券の購入者への販売やサービス提供並びにお問合せ対応は発行者の責任となります。とどく券を入手されたら裏面の「署名欄:発行者」に必要事項を記載してください。裏面に記載がないものは無効となります。

  3. 3.購入者の責任について

    とどく券には有効期限があります(2020年12月31日)ので、有効期限内にご利用いただくよう、購入者へお伝えください。また万が一、発行者が営業を休止した場合には当券は利用できません。またその場合、補償がされない場合があります。このようなリスクがあることを購入者の方へお伝えください。

  4. 4.法令上の規制について

    とどく券は「資金決済に関する法律」の規制対象になります。とどく券は各発行者が運営する店舗のみでの利用に限定されるため、運営主体は法令で定める「自家型発行者」となります。その場合、毎年3月末または9月末にとどく券の残高(発行総額から利用総額を差し引いた金額)が1,000万円を超えた場合には中国財務局への届け出が必要になります。ついては当初発行総額が1,000万円を超えなければ届け出等の対応は不要です。

  5. 5.偽造対策について

    とどく券は発行者と購入者の信頼関係の上に成り立つという前提に立ち、偽造防止対策を行っておりません。そのため裏面の「署名欄:発行者」に発行者の責任者自ら自筆署名・押印するなどの対策をお願いします。